地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、立川の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

立川の地域情報サイト「まいぷれ」立川市

立川はぶ

のどぐろ家 姫川 高橋秀貴さん

立川のまちの移り変わりを見てきた高橋さん。色々聞いちゃいました!

【みっけたん】
立川で働く人を、“見っけたん”がリレー形式でインタビューする『立川はぶ』!!
第12回目のゲストは高橋秀貴さんです!
早速お話を聞いていきたいと思います。
それでは高橋さん、よろしくお願いします★☆

のどぐろ家 姫川で働くことになったきっかけを教えてください!

昔から、将来は手に職というか…何かを作り上げてお客様に喜んでもらう仕事がしたかったので、料理人になりました。

修業時代は銀座、昭島、上野など縁あっていろんな場所で働きましたが、姫川に来たのは、求人に応募した形で、働いてもう8年になりますよ。立川が地元なので、家から近かったというのが大きな理由なんですがね!

高橋さんにとって姫川とは?

うちの自慢は、なんといってもスタッフ!!
看板メニューの「のどぐろ」にも負けないくらい、自慢のチームなんです。
スタッフみんな、この店や働いている仲間が大好きですね。
そんなチームの舵をとるのが自分の役目で、場を和ませるために敢えてふざけてみたりします。
もちろん怒るときは怒りますけど、忙しい時こそちょっとふざけて、俺に任せとけば大丈夫!って余裕をもって接することが大切だと思っています。

周りのお店とも仲間意識が強く、向かいの我楽多家さんとはたまに『氷なくなったから貸して!!』みたいにモノの貸し借りもしますよ。
同じ飲食店でもライバルというより仲間だと思っているので、そういった繋がりを大事にしていきたいです。

地元人として、立川をずっと見てきてどうですか?

バンバン変わってますね!
自分が小学生の時に駅ビルができてから、モノレールが通ったり高島屋の場所も変わったり。
昔は立川から都心へ出て働くと「すごいね!」という感じだったけど、今ではもう普通ですよね。
でも人間関係でのタテ社会的なところはちょっと残っていて、学生時代の先輩が店に来るといまだに「お疲れッス!!」って挨拶することもありますよ。

これからも、都心に感化されすぎず“立川らしい”部分を残していってほしいですね。
立川らしいって何かと言われたら具体的に表せないけど…地元の人たちが感じる空気みたいなものでしょうか。

立川でお気に入りの場所を教えてください!

お気に入りというか行ってみたい場所になるんですが、店のすぐ近くのatrioさんですね。
シェフの八塚さんとよく立ち話はするけど実はまだ食べに行ったことがないので、今度行ってみたいなーと思っています。
atrio

住所:柴崎町3丁目7-14 植源ビル1階
電話:042-521-7717
営業時間:
ランチタイム
11:30~14:00(土日祝14:30)
カフェタイム
14:00~16:00(土日祝14:30~16:00)
ディナータイム
17:30~23:30 (LO 22:30)
定休:火曜
※金曜は仕込みのためランチ営業なし

バトンタッチしてくれた小宮さんとは、どうして知り合ったんですか?

彼が向かいの我楽多家さんで働き始めた時にいきなり「自分小宮っす!よろしくっす!」みたいな感じで挨拶に来たのがきっかけですかね。
なんだこのキャラ!って思ったけどそういうの嫌いじゃないんだよね。

取材を終えて・・・
みっけたん、実は以前から高橋さんとは面識があったんです。
それがこうしてインタビューすることになるなんて!お店がたくさんある立川なのに、ほんと世間は広いようで狭いですね。
前回の小宮さんは高橋さんのことを「面白くて、いい人!」っておっしゃってましたが、その通り、冗談交じりに気さくにお話ししてくださるところがステキです。ちなみに自称“立川のベビーフェイス”だそうですよ(笑)。
みっけたんも、お店やスタッフの方々、そしてご近所のお店の方ともご縁を大切にされている高橋さんを見習って、まいぷレンジャーの仲間と一致団結して立川の良さを伝えていきたいと思います!!!

のどぐろ家 姫川の情報
住所:立川市柴崎町2-3-3
電話:042-528-4714
営業時間:
ランチタイム 11:30~14:00 月~金曜
ディナータイム 17:00~22:30 月~土曜
定休日:祝日、日曜 ※ただし、20名以上の予約に限り営業(電話にて要問合せ)

PICK UP 立川のお店 ~暮らし・相談~