地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、立川の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

立川の地域情報サイト「まいぷれ」立川市

たちかわ散歩

国営昭和記念公園の冬の見どころ♪2016/01/14

澄んだ空気がとっても気持ちいいですよ!!

みんなの原っぱ
みんなの原っぱ
凛とした冷たい空気がなんとも気持ち良い季節。この寒さの中でも植物は日々成長しています。そんな真冬の国営昭和記念公園の見どころを紹介しちゃいます。

空気が澄んでいるこの季節は、雪化粧した富士山がとってもきれい。みんなの原っぱから見える富士山以外にも、園内にはいくつものビュースポットがありますよ。

下の写真はここ数日の冷え込みで氷が張ったカナール。立川口から入ったすぐのところで見ることができます。
カナール
カナール
皆さんシモバシラ(霜柱)っていう名前の植物があるのを知っていますか? 下の写真はシモバシラが作る変わった現象。根から吸い上げられた水分が、枯れ始めた茎から染み出し、それが冷えた空気で氷柱となるんだそうです。通常は12月中旬~下旬頃見られるそうですが、今年は暖冬の影響で1月でも見られるんだそうです。

太陽の光で気温が上がると溶けてなくなってしまうので、開園直後に見にいくと見られるかも? ぜひ自然の面白い現象を観察してみてください。

シモバシラ(霜柱)/花木園展示棟前
シモバシラ(霜柱)/花木園展示棟前
こちらはこれから見頃を迎えるセツブンソウ(節分草)。関東地方以西の本州に生息する多年草です。実は花びらに見える白いのは萼片(ガクヘン)で、花弁は退化して黄色の密腺になっているそうです。面白いですね。
セツブンソウ(節分草)/こもれびの里休憩棟近く
セツブンソウ(節分草)/こもれびの里休憩棟近く
クリスマスの頃に花を咲かせるところからついたというクリスマスローズ。公園ではこれから見頃を迎えます。こちらも花弁に見えるのは萼片で、花弁は退化して蜜管となっています。
クリスマスローズ/花木園水鳥の池近く
クリスマスローズ/花木園水鳥の池近く
冬の終わりから春先にかけ花を咲かせ、春を告げる花として知られるスノードロップ。これから見頃を迎えます。ヨーロッパでは古くから親しまれ、宗教との関わりも深く、神話や伝説が多く残る植物だそうです。
スノードロップ/花木園水鳥の池近く
スノードロップ/花木園水鳥の池近く
そして、暖冬の影響か例年より1カ月以上も早く開花した。園内には約300本の梅の木があるそうで、これから見頃を迎えます。
八重野梅/花木園梅園
八重野梅/花木園梅園
大盃/花木園梅園
大盃/花木園梅園
早春の国営昭和記念公園を散策してみませんか! 冷たい空気が心をしゃんとしてくれてすがすがしい気持ちになります。暖冬と言われる今年の冬…。春の訪れが早そうですね。

PICK UP 立川のお店 ~美容・健康~