地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、立川の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

立川の地域情報サイト「まいぷれ」立川市

立川はぶ

くずし割烹大森 大森竜平さん

第二の故郷・立川をもっともっと盛り上げていきたい!

【みっけたん】
立川で働く人を、“見っけたん”がリレー形式でインタビューする『立川はぶ』!!
第28回目のゲストは「くずし割烹 大森」の大森竜平さんです!

それでは大森さん、よろしくお願いいたします。

大森さんは立川で働き始めて長いんですか?

もう、かれこれ20年ぐらいになります。立川駅の北口に玉河っていうお店がありまして、三兄弟でやっているんですが、その一番下の人が僕の叔父で、『旬菜玉河』だったり、『蕪』や『炭蔵』といったお店の社長をしているんです。
それで、本格的に料理の世界に入ろうと思った時に、その叔父から「まず現場を見てみて、本当に向いていると思えば、本格的に勉強すればいいんじゃないの」という助言をもらい、「とりあえず、立川に出て来いよ」と言われてやってきたんです。もう、それからずっと立川で働いていますね。

その頃の立川の印象はどんな感じでしたか?

僕、奈良市の出身なんですが、東京に対してメガロポリス大東京というような偏ったイメージしかなかったんです。立川という場所も知らなかったので、最初、立川に来た時には正直戸惑いましたね。でも、それが逆に良かったんです。そこまで都会都会してなくて、呑まれることもなく、立川に馴染めました。
そこからモノレールができたり、変貌していく立川が見てこられたので、良い時に来たなと思っています。今では、実家より長く立川にいるので、“第二の故郷”だと思っています。

もともと料理が好きだったんですか?

前回、インタビューされていた「あてまき喜重朗の稲垣さん」とかぶるんですが、僕もずっと野球をやってたんです。高校から野球留学で他県の寮に入って、ずっと野球やってたんですけども、体を壊して、野球が出来なくなってしまったんです。それまで、野球漬けの毎日だったのですが、親から「1年だけ時間をやる」って言われ、それでアメリカの西海岸にいた友達の所へ遊びにいったんです。
小さい頃、両親が共働きで、両親が遅く帰ってくる時なんかは、子どもながらにちょこっと作って食べるなんてことをしてたんですが、アメリカに行った時も、見様見真似で料理を作って、現地の人に食べてもらったところ、「美味しい、美味しい」と、食べてくれるのを見て、こういう商売もいいなと、この世界面白いなというので、料理の道を志そうと思ったんです。

この「くずし割烹大森」をオープンされたのはいつですか?

立川で20年あまりお世話になっているので、立川という町に恩返しがしたいと思いお店を開き、9月16日で丸1年になりました。
ここは駅から少し離れた場所なので、落ち着いた年齢層の方が、ゆっくり静かに飲めるようなお店にできればという思いでつくりました。
あと「くずし割烹」と名前をつけたのは、割烹だけだとどうしても和食のイメージがすごく強いので「くずし」を加えました。僕は自分のお店を開く前、『五色』というお店で料理をしていたのですが、そこではイタリアンなど色々な料理の店舗があり、広く料理の勉強をすることができました。
そんな経験も生かせればと思い、和だけにこだわらずに、ちょっとカジュアルな割烹料理屋というのを目指しています。

お休みの日はどうしているんですか?

10歳と6歳の子どもがいるんですが、仕事の帰りが遅く、子どもの寝顔しか見ないというような生活なんです。ですので、休みの日はできるだけ子どもと遊ぶようにしています。2人とも体を動かすのが好きなので、近所の公園で走り回ったり、夏だとプールに行ったりとかしていますね。

立川のどんな所が好きですか?

自然もあり、商業施設もしっかりあって、非常に住みやすい街だなって思います。それに新しいところと古いところが共存していて、なんかコンビニみたいな街だなって思っています。
それから、この通りにも飲食店がいくつかあるんですが、その通り通りで飲食店の人々が繋がっていて、「みんなで頑張ってやろうぜ」みたいな雰囲気が凄い良いなと思ってます。これから若い人達が立川で独立したいって思える、そういったお店がどんどん増えていけばいいなと思っています。

お気に入りの場所はありますか?

この近くにある博多もつ鍋と焼き鳥のお店で「野球鳥 立川球場」さんです。球場のトップなんで、場長って呼んでいるご主人、それに奥さん共々とっても人柄が良い方なんです。野球にずっと携わってこられて、礼節を重んじる方なので、仕事に対する礼儀など、いろいろと教わっています。

【住所】立川市錦町2-1-21 ヴィレッジ林1階
【電話】042-527-0890
【営業時間】17:30~24:00

最後に、次の方にバトンタッチをよろしくお願いします!

南口でHALBALっていうお店をやっている岩崎さんを紹介します。
前に働いていた「五色」の時の元同僚なんです。僕の2つ下なんですけども、彼は先に独立して、もう5年程になります。
本当に人情味のある男で、自分の幸せよりも、スタッフの幸せを思うような熱い男です。僕が独立する時にもすごい力を貸してもらって、仲間想いのいい奴なんですよ。

取材を終えて・・・
見かけからも伺える人柄の良さと大らかさ、そして、料理に対する真剣な姿…。“立川に良いお店がまたひとつ増えた”そんなことを感じさせてくれる方でした。

くずし割烹 大森の情報
住所:立川市錦町2-1-17 篠崎ビル1階
電話:042-519-3225

PICK UP 立川のお店 ~美容・健康~