地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、立川の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

立川の地域情報サイト「まいぷれ」立川市

たちかわ散歩

まんパク2018

今年も立川にやってきた日本でいちばん「満腹」な場所【まいぷれニュース・2018/5/18】

今年も「まんパク」取材に行ってきました!
開催初日の5月17日(木)は最高気温28度という夏日。まんパクの熱気で気温上昇?? 初日からなかなかのにぎわいでしたよ。今回は、例年とはちょっと違う「子育て中のママ目線」でのまんパクをお伝えしようと思い、立川で活躍中の子育て団体『子育てリンクコミュニティー・DearMother』のみなさんに取材協力していただきました!1~3歳の子どもたちと一緒にレポートしていきますよ♪
まずは、みんなそろってお馴染み「ぽぅ」と一緒にパシャリ。
さぁ、今回はどんな絶品グルメに出会えるかしら。食欲が止まりません!
写真を撮る前に食べてしまわないように… それだけは気をつけていってきま~す!!

まずは、今年も人気の肉エリア。
美味しそうなにおいが漂ってきます。

マグロやウニなど人気の丼ぶりが並ぶ海鮮エリア。

待望のチーズエリア初登場!

今年、新しくできたチーズエリアからチェック。
5店舗が出店しています。

こちらは、「想いの茸」大判しいたけチーズ焼き。チーズがふんだんに乗っています。

「カチョカバロチーズ」のチーズステーキをいただいてみましょう!

アツアツの鉄板でチーズをジュ~!

カチョカバロステーキ(600円)
とろ~りチーズがこんがりと!付属のはちみつ&バルサミコ酢をかけておしゃれに…
甘じょっぱい味がクセになります!

私達Dear Motherは、まずは親子で気になっていたキッズエリアへGO!!

2歳から小学生までのお子様は500円の入場料がかかるキッズエリア。毎回利用するのを見送っていましたが、「1日遊び放題(平日限定)なら元は取れそう!」と利用してみました!

入ってみると、大きなふわふわ遊具、可愛いアニマルサイクル、ボールプール、ブランコと盛りだくさん!!

お兄さん組はふわふわ遊具に向かって一直線!時間による入れ替えはありますが、体を目一杯使って遊べてとても嬉しそうでしたよ!

 

入場料のかからない1歳以下のお子様は、安全性の為ふわふわ遊具は利用できませんが、ブランコ、ボールプールや塗り絵、おもちゃ、プレイルームで遊べます♪屋根がある唯一の遊び場なので、暑さをしのいで親子でまったり♪

 

<子連れまんパク、熱中症には気を付けて楽しみたい!>

飲み物は持ち込み可なので、我が家は薄めたポカリを持参して、汗だくで夢中に遊びまわる息子に飲ませていました!

室内で遊ぶふわふわ遊具には冷房は入っておらず、中はホットヨガ並みの暑さでした!(笑)それでもこどもはおかまいなしに遊ぶので、親が頻繁に様子をみるのがおすすめ!

 

キッズエリアで程よく疲れたこどもたちは、「美味しいもの食べに行こう♪」という母の誘いをすんなり聞いてくれて、スムーズにフードブースに繰り出せました! 「こどもたちのパワー発散…からの食べ物満喫!作戦」成功です(笑) 親子でまんパクを楽しむためにキッズエリアを上手く活用してみるのはいかがでしょうか?

親子でおまちかねのおやつタイム♪

この日は最高気温28度という5月にしてはとても暑い日だったので、冷たいスイーツを中心に食べました!

各親子で1つずつ買うと「テントまで運ぶのも大変!」「運んでいるうちに溶けてしまう!」ということで買い出し組とお留守番組に分かれて購入!「みんなでシェアしやすい」「親子で食べられる」という観点で選んだ食べたものがこちら♪

川越 これがかき氷「三ヶ日みかん」

サムライジェラート「サムライジェラート2種盛」

リトルジュースバー「いちごけずり®」

大阪プリン専門店 うっふぷりん「ティラプリ」

いばらき食文化研究会 酒趣「メロンまるごとクリームソーダ」

もちもちポテト323号室「もちもちポテト」

こどもが大好きなポテトは揚げたてアツアツな状態で購入。こどもたちはスイーツを食べながら冷めるのを待つと良いですよ!

1度は食べてみたかった、メロンまるごとクリームソーダは微炭酸で、こどもたちでも美味しくいただくことができましたよ!

 

どのスイーツも少し大きめサイズなので、何組かの親子でシェアしながら食べると、色々なお料理が楽しめるのでオススメです♪

 

美味しいものを食べられて夢中になる子どもたち。こぼしてしまうこともあるので、食べる前からおしぼりは必須!年齢によってはスタイがあると安心ですよ。(土日はおしぼりの配布あり!)

 

取材日は本当に暑かったのでスイーツがメインになりましたが、気になるお料理がたくさんありました!

次回は、子連れでも食べやすい汁なしラーメンをいただきたいです!!

子連れまんパクは「プラン作成&事前準備」がおすすめ!

まんパクに入場したのは15時過ぎ。入った時はすごい暑さでしたが、少しずつ涼しくなってきて過ごしやすくなりました。

人の入りも落ち着いてきた時間帯だったので、飲食スペースは余裕をもって座れるし、お店の待ち時間もほとんどなくスムーズ。こどもたちも買ったものをすぐに食べられてご機嫌でした♪

 

<秘策グッズ!こども用のおやつ!!>

ちょっと空いた時間には秘策グッズ!こども用のおやつ!!

楽しく乗り切る秘策グッズのひとつです♪

こども達が幼児用せんべいやゼリーを仲良く食べている間に、大人たちはしっかり美味しいものを楽しめました!

 

<あると便利なもの>

他には虫除け、うちわ、こども用のスプーン&フォーク、子連れお出掛けに欠かせないウェットティッシュは多めに用意して大正解!そして食事中にでたゴミをポイポイまとめて、帰るときは設置のゴミ箱にさっと捨てられるスーパーの袋も持参すると便利です。

暑い時はペットボトルやおやつのゼリーを凍らせていくと「おやつにもなる!保冷剤にもなる!振ったりもんだりすればちょっとした遊びにもなる」優れもの!!これからの時期お出かけのお供に是非♪

お腹がいっぱいになった後は、キッズゾーンでもらった「ぽぅ」くんのお面を頭につけてはしゃぐこどもたち!午後の空いている時間だったので周りに注意しながら、少し走って体を動かすことができました!ゆったりと広い会場は、こどもにも母にも嬉しいです♪

 

ちょっとした工夫と準備で、親子で楽しく美味しい時間を過ごすことができましたよ♪

参考にしていただきながら、親子でまんパクを満喫してみてはいかがですか?

まんパクに行ったら「たまエリア」にも行ってみてね!

さあ、今年も我らが地元「たまエリア」は要チェック。
今年は、8店舗が出店していて、「東京奥座敷 みたけ渓谷」が初出店。

イチオシは「御嶽汁」(400円)

イワナ、ヤマメ、ニジマスなどの奥多摩で育った生の新鮮な川魚を仕入れて炭火で焼いています!

御嶽汁(400円)

日本酒「澤乃井」で知られる小澤酒造の「酒粕」と、青梅産の「青梅豚」を使用した贅沢豚汁として、2013年から御嶽登山鉄道売店で販売しているご当地汁とのこと。
酒粕が効いていて、こってりまろやか贅沢な味。野菜がたっぷりなのも嬉しい。

「たま物産たまっこ」で、多摩のお土産はいかがですか?

地元多摩のお酒やお菓子など、多摩ならではの商品をチェックするのも楽しいですよ。

大人気のずんだシェーキ

取材に同行したスタッフの子供もお気に入りのよう!ママにも分けてー!!
思ったよりも枝豆感たっぷりなので、子供のデザートにも良さそうです!

まんパク2018、初日から大人も子供も大はしゃぎ。
昼間は子連れのグループも多くみられましたが、18時近くになると、会社帰りの方々が続々と来場されていました。今日は子供と参加しましたが、仕事終わりに、同僚たちと行くのも楽しそうですね!子供も大人も、初参加の人もリピーターも、みんなが楽しんで満腹になれるイベント『まんパク2018』は6月4日(月)までの計19日間の開催です。
メニューの内容や、入場券の内容は公式サイトでチェックしてくださいね。
またタイアップのコーナーでもまんパク2018の内容を紹介しています。

 

日程  2018年5月17日(木)~6月4日(月)
開催時間  開場10:30 閉場21:00
 ※6月4日(月)は閉場18:00(各日とも予定)
会場 国営昭和記念公園みどりの文化ゾーン(東京都立川市)
アクセス JR中央線立川駅北口より徒歩10分
多摩モノレール立川北駅より徒歩8分
公式サイト http://manpaku.jp/
国営昭和記念公園みどりの文化ゾーン

今年も出店しているお店の情報満載!!過去のまんパク取材の模様はこちらから

PICK UP 立川のお店 ~グルメ~